PR
PR

札沼線の記念入場券 12月1日から発売 駅や温泉施設で

 JR北海道は12月1日から、来年5月に一部区間が廃止される札沼線の記念入場券を発売する。空知管内の新十津川駅(新十津川町)、浦臼駅(浦臼町)、石狩月形駅(月形町)と、石狩管内の石狩当別駅(当別町)、桑園駅(札幌市)の5種類で、ラストランの来年5月6日まで1枚200円で販売する。

 入場券は縦長で縦23・2センチ、横12・5センチの紙製。札沼線の列車がそれぞれのまちを走る写真が印刷されている。浦臼を除く4駅ではそれぞれの駅の入場券を販売し、浦臼の入場券のみ、駅ではなく町内の浦臼温泉で売る。

残り:152文字/全文:398文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る