PR
PR

栗山流で選手に道しるべ<長谷川 裕詞>

 ファンフェスティバルが終わり、忘年会、新年会とファイターズの来季を熱く、楽しく語り合う季節が始まろうとしています。

 栗山英樹監督の新刊「栗山ノート」を読むと、さらに深く語り合えるだろうなと思える内容でした。節目節目の試合において、どんな思いで試合に臨んでいたか、論語など先人の言葉を引用しながら分かりやすくまとめられています。

 私が一番心に響いた先人の言葉は「人は環境を作るからして、そこに人間たる所以(ゆえん)がある、自由がある。即(すなわ)ち主体性、創造性がある。だから自分が偉大であればあるほど、立派な環境を作る。人間が出来ないと環境に支配される」というものです。

 栗山監督の本は必ず読むようにしていますが、既刊本で印象に残っている監督のヤクルト選手時代のエピソードを、少し長くなりますが紹介します。

 「プロのレベルに打ちのめされ、一人でうつむいていた時、2軍監督の内藤博文さんが『おい、栗。おれがおまえの練習を見てやるよ』と言って、全体練習後、ノックをし、バッティングを見てくれた。『栗、プロは競争社会だ。二軍から一軍に上がり、活躍しなければ認められずに終わるんだ。けれどな、おれは今、おまえと2人で練習しながら、そんなことどうでもいいと思っているんだよ。昨日より今日、今日より明日、おまえが少しだけでもうまくなってくれれば、おれはうれしい。それだけで十分だ。だから栗、おまえも、自分と他の選手を比べるな。今日の自分を超えていくことだけを考えろ』」

 この言葉で栗山監督は自分を取り戻し、プレーも変わっていきます。その姿を見た内藤監督は「栗、一度で良いから一軍へ入ってみろ。一軍はいいぞ。一軍で戦ってみろ」と背中を押します。

 こうした原体験があるから、栗山監督は伸び悩む選手にもチャンスを与え、飛躍するのを信じて待つことができるのだと思います。

 「内藤監督のような思いで人を育てているか。その苦しみに寄り添って、選手がたどるべき正しい道を示しているか」と自分に問うているから、寝る間を惜しんで本を読み、酒を控えて選手と向き合う時間を大切にしているのでしょう。

 「百聞は一見にしかず」であり、「一見は一読にしかず」です。栗山監督の覚悟に触れ、来年のファイターズへの望みを語る「望年会」も悪くないと思います。(私設応援組織「日本ハムファイターズ応援作戦会議」代表)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る