PR
PR

<みなぶん>悪質求人サイトを「詐欺」と批判 運営会社が告訴 被害者一転「容疑者」に

 警察の捜査を受けている―。特報班が、無料とうたって高額の掲載料を請求する求人広告サイトの問題を報じた後、記事を読んだ東京都の教育関連会社の責任者である40代男性から連絡が入った。自身も請求され、被害拡大を防ごうと他の広告主に注意を呼び掛けたら、サイトの運営会社から「信用を傷つけられた」と告訴されたという。

 記事は9月1日に掲載。契約書類に小さな字で「自動で有料に移行」との注意書きを記す手法や相次ぐトラブルを伝えた。この記事を知った男性は同21日に連絡を寄せ、記者に「警察から昨日、『あなたを書類送検する見込みだ』と言われた」と当惑気味に話した。

■48万円請求

 男性は3月、横浜のサイト運営会社から「提携する大手サイトにも載せられる」と勧誘され、3週間の無料期間限定で広告の掲載を依頼。だが大手との提携の事実はなかった。無料期間の終了直前に解約を申し入れたが、契約書に小さく書かれた「解約は無料期間終了日の4日前まで」との条項に気づけず、掲載料48万円の支払いを要求された。

 「絶対に払わせる」との電話は鳴りやまない。警察や消費者センターは対応せず、弁護士を通してようやく拒否できた。この間、多額の掲載料の支払いを余儀なくされた広告主が全国にいるとネット上の掲示板で知った。「被害を食い止めたい」と、同じサイトに広告を載せた広告主にメールを送り、解約を促した。

■信用毀損罪

 9月20日、神奈川県警から男性に「関西の飲食店に『あなたが求人広告を出したサイトは詐欺だ』とメールしましたね」と電話があった。同27日には捜査員2人が男性の職場を訪れ、運営会社の告訴を受け、送検する方針だと直接伝えた。容疑は信用毀損(きそん)罪。虚偽のうわさを流すなどして他人の信用を損ねる犯罪だ。

 男性は「警察が取り締まるべきなのは悪質サイト」と反論。捜査員は「気持ちは重々分かる」と理解しながらも、「他の方法を取るべきだった」と繰り返した。

 男性は今月12日、警察の求めで出頭した。今も任意捜査が続く。送検時には起訴を求めない「寛大処分」の意見が付く見込みと暗に伝えられており、実際には罪に問われない可能性が高い。だが、男性は納得できない。「『虚偽のうわさ』ではなく、被害を防ぐため事実を伝えただけなのに」

 男性を訴えた運営会社にも取材を申し込んだが、「責任者がいない」と拒否。その後、10月末には固定電話が解約され、サイトも閉鎖されていた。

 同様の告訴をほのめかす運営会社は他にもある。悪質サイトの問題に詳しい川村忠之弁護士(札幌)は「問題意識が広がり利益を上げにくくなるのを避けようと強硬な態度を取るようになった」と推測。「主張を認めれば『お墨付き』を与えることになり、悪質な営業を助長する。検察や裁判所はトラブルが多発している現状を踏まえ、慎重に判断すべきだ」と訴える。

 東京に住む男性が北海道新聞の記事を知ったのは、同じ被害に遭いかけた道央の40代男性とネット上で知り合ったのがきっかけだ。道央の男性もこれまで、怪しいサイトに求人広告を載せる100社以上に注意を喚起した。「被害者が増えるのを黙って見ていられない」と話す。悪質サイトを規制する抜本策が取られない中、男性は告訴のリスクを承知の上、今後も独自に呼び掛けを続けるという。(角田悠馬)


 <ことば>求人広告サイトを巡る問題 無料をうたう無名の求人広告サイトから、広告掲載後に高額な掲載料を請求される問題。悪質サイトは数十件あるとされ、昨年ごろから全国でサイトの運営会社と広告主の間のトラブルが相次ぐ。全国で続く深刻な人手不足を背景に、法的問題への対応に慣れていない中小事業者が狙われているとみられ、一部の運営会社は掲載料の支払いを求めて広告主相手に民事訴訟を起こしている。日本弁護士連合会は、トラブルに関する相談を中小事業者向け相談窓口「ひまわりほっとダイヤル」(電)0570・001・240で受け付けている。

 北海道新聞は、読者のリクエストに記者が取材して応える「みんなで探るぶんぶん特報班」(みなぶん)をスタートさせました。
 この手法は「オンデマンド調査報道」(JOD=Journalism On Demand)と呼ばれ、読者と記者が会員制交流サイト(SNS)やメールなどを通じて情報交換しながら取材を進めていく双方向型の新たな調査報道として注目されています。
 読者の皆さんが日々の暮らしの中でキャッチした疑問や声を取材の出発点に、記者と共同作業で謎を解き明かしていきます。
 情報提供や取材依頼のほか、取材をサポートする「みなぶん通信員」への登録をお待ちしています。詳しくは「どうしん電子版」特設サイトをご覧ください。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る