PR
PR

五輪マラソン 札幌市へ意見700件 首都圏から反対殺到 市民は前向きな声

[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京五輪マラソン・競歩の札幌開催を提案してから1カ月で、札幌市に道内外から寄せられた意見が延べ約700件に上った。首都圏からの反対意見が多かったが、札幌移転を前向きに捉える市民の意見も増えている。

 市民の声を聞く課には、10月16日にIOCが札幌開催案を発表した後、メールやファクス、電話で意見が届き始め、今月19日までに延べ698件となった。このうち5割強の393件が、札幌開催が正式に決まった11月1日前後に集中した。

 賛否は反対が8割程度。主に首都圏の人が「札幌は辞退しろ」「札幌ではテロ対策ができない」「お金がかかる」などと主張した。同課は「同じ人から10件以上メールが届いたケースが複数あり、全体の件数を押し上げた」という。

 一方、テレビ番組などで札幌を批判する報道が相次いだ今月上旬以降は、「札幌を悪く言われて悲しい」など、札幌市民の声も目立つようになった。中旬からは移転を前向きに捉えて「真駒内や円山をマラソンコースに入れてほしい」などの要望も増えているという。

残り:96文字/全文:557文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る