PR
PR

新千歳―ヘルシンキ線通年運航へ フィンランド航空

[PR]

 北欧航空大手フィンランド航空は19日、12月16日から冬季限定で就航する予定だった新千歳―ヘルシンキ線を、通年運航にすると発表した。冬季の予約状況などを踏まえ、夏場も双方向の需要が見込めると判断した。来道観光客の増加や、欧州と行き来する際の利便性向上が期待される。

 当初は主にニセコなど道内へのスキー需要をにらんで季節便とし、今季は来年3月27日までの運航を予定していた。だが、想定より予約が好調に推移し、欧州からの訪日外国人客の動向調査で北海道人気が高いことなどから通年で運航することにした。同社は夏季を含め、道内からフィンランドなど欧州への旅行需要も堅調とみている。

残り:70文字/全文:356文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る