PR
PR

19日午後から厳しい冷え込み 猛吹雪や交通障害に警戒

[PR]

 道内は、冬型の気圧配置の影響で17日も荒天が続いた。18日以降は低気圧が発達しながら北上し、真冬並みの寒気が入るため、19日午後から厳しい冷え込みとなる見込み。札幌管区気象台は、吹きだまりによる交通障害や暴風への警戒を呼び掛けている。

 17日午後7時までの最大瞬間風速は、日高管内えりも町襟裳岬で32・8メートル、檜山管内江差町で25メートルを観測した。強風などの影響で、津軽海峡フェリーは函館―大間(青森)間の計3便を欠航。函館山ロープウェイは朝から運休し、山頂でのイベントを中止。午後4時から運行を再開した。

 気象台によると、18日の最大瞬間風速は、日本海側の海上で35メートル、陸上で30メートル。波の高さは日本海側で5メートル、その他の地域で4メートルの見込み。19日午後からはさらに風が強まり、日本海側を中心に暴風雪となる恐れがある。(和田樹、袖山香織)

全文:383文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る