PR
PR

記述式新テスト 導入は困難ではないか

[PR]

 来年度から始まる大学入学共通テストが混迷を深めている。

 英語民間検定試験の導入延期に続き、同じく改革の目玉だった国語と数学への記述式導入についても、公平性への疑念が高まった。

 約50万人分を一気に採点するため、採点者が1万人規模となる。評価のばらつきは避けられない。

 加えて、過去2回の試行では、自己採点が実際の得点と異なるケースが最大3割もあった。受験生にとって致命的な欠陥である。

 いずれも当初から指摘されていながら、本番まで1年余となっても明快な改善策が見えない。導入は困難というほかない。

 文部科学省は英語について、無理な計画に固執し、土壇場で見直しを迫られた。真摯(しんし)に反省し、記述式も一から再考すべきだ。

 共通テストはマークシート方式だが、記述式部分は業者に委託し、学生バイトを含む採点者が設問ごとに3人以上で採点する。

 質を担保するため、研修を行った上で、採点期間中は毎日、テストを行い、合格者だけを専用会場で業務に当たらせるという。

 グループ会社が採点を請け負うベネッセホールディングスは記述式模試の実績を強調したが、入試はより高い公平性が求められる。

 しかも、事前にベネッセ側に問題と正答が示されるという。入試では異例の運用で、漏えいが起きれば取り返しがつかない。

 そもそも記述式は自己採点が難しい。出願先を決める共通テストに導入することに無理があった。

 甘い自己採点を基に出願した場合、2次試験を受ける前に門前払いされる可能性がある。

 文科省は国立大に対し、門前払いの判定では国語の記述式部分の得点を除くよう求めた。制度の欠陥を認めたも同然だろう。

 民間任せにすることで、英語と同様、文科省による制御が不十分にならないか。ベネッセ側は模試や教材も手がけており、情報の二次利用の懸念も拭えない。

 入試制度改革の背景には、知識の量を1点刻みで競う現行の入試への問題意識があった。だが、大前提となる公平性が確保できなければ、制度全体が信頼を失う。

 論理的な思考力を記述式で問うこと自体はよいが、大学ごとの個別入試で行えば済むことだ。

 国語の記述式は解答の仕方に細かい条件がつく。数学に至っては当面は結論を数式で書くだけだ。採点のぶれを防ぐためというが、記述式にこだわる意味は薄い。見切り発車は避けねばならない。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る