PR
PR

道内18日午後以降 再び荒天の恐れ

[PR]

 冬型の気圧配置の影響で道内は16日、道北や日本海側を中心に雪や風に見舞われた。札幌管区気象台によると、強い風雪が続くのは17日明け方まで。18日午後から19日にかけて再び荒天になる恐れがあるという。

 気象台によると、16日午後11時現在の24時間降雪量は上川管内美深町で20センチ、宗谷管内枝幸町で18センチ、札幌市中央区は4センチだった。最大瞬間風速は日高管内えりも町襟裳岬で32・8メートルを観測。各地の最高気温は11月下旬~12月上旬並みと冷え込んだ。

 フェリーは函館―大間(青森)など16便が欠航。道警交通管制センターによると、17日午前0時現在、積雪や凍結のため、国道231号の石狩市浜益区幌―雄冬間など国道、道道の計4路線4区間が通行止めとなっている。(池野上遥、折田智之)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る