PR
PR

人気ゲームに「おらが街納豆」 室蘭・内藤食品から採用 高い回復力のアイテムに

 室蘭市の納豆メーカー「内藤食品工業」(御前水町)の人気商品「おらが街納豆」が、セガの人気ゲームソフト「龍が如く」シリーズ最新作に、アイテムとして登場する。ゲームは来年1月16日発売予定。

 商品が登場する「龍が如く7 光と闇の行方」は、主人公が敵と戦いながら物語を進めるロールプレーイングゲーム(RPG)。登場人物が納豆を食べると体力が回復する設定だ。企業とのコラボ12商品の中で、おらが街納豆は高い回復力を持つ。

 内藤食品とセガは、2017年に会員制交流サイト(SNS)を通じて縁ができ、18年にはセガが運営する東京のたい焼き店で、「おらが街納豆」が入ったたい焼きが販売された。

 内藤食品の高橋幸恵広報課長は「ゲームをする人に少しでも名前を覚えてもらえたら」と期待する。セガの担当者は「リアルな世界観を伝えるために一役買ってもらった」としている。(高野裕美)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る