PR
PR

W杯優勝なでしこ、聖火リレーに 福島スタートの走者で調整

 2020年東京五輪の国内聖火リレーの最初のランナーに、東日本大震災が起きた11年にサッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝した澤穂希さん(41)ら日本代表「なでしこジャパン」の当時のメンバーを起用する方向で調整が進んでいることが8日、スポーツ界関係者への取材で分かった。聖火リレーは来年3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)をスタートする。

 国内リレーに先立ち、ギリシャで行われるリレーの日本人の第1走者は、04年アテネ五輪女子マラソン金メダルの野口みずきさん(41)が務める方針が固まっている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る