PR
PR

男性遺体は失血死と判明、横須賀 殺人容疑、現場玄関は施錠

 神奈川県横須賀市のマンション一室で7日、成人男性の遺体が見つかった事件で、県警は8日、司法解剖の結果、死因は胸を刃物で刺されたことによる失血死と発表した。殺人容疑で捜査している。

 県警によると、遺体はこの部屋に住む60代男性とみられる。同居の20代の息子と連絡が取れず、何らかの事情を知っているとみて、行方を捜している。

 遺体は上半身に十数カ所の傷があり、胸の傷は心臓に達していた。死後2週間前後が経過しているとみられる。現場の玄関が施錠されており、室内に目立った物色の跡がないことも判明した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る