PR
PR

同志社大学長に植木朝子氏 女性選出は初

 同志社大(京都市上京区)は8日、任期満了に伴う学長選を実施し、副学長で文学部の植木朝子教授(52)を選出したと発表した。女性の選出は初めて。任期は来年4月から4年間。

 今回の選挙では植木氏ら2人が立候補し、教職員585人が投票した。大学は各候補の得票数を明らかにしていない。

 植木氏は東京都出身で、専門は日本中世文学。1990年にお茶の水女子大を卒業した後、2007年に同志社大文学部教授となり、17年4月から副学長を務めていた。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る