PR
PR

出生前診断悩む妊婦を支援 医療者らのNPO法人 匿名相談や小冊子

 高齢出産の増加を背景に、出生前診断への関心が高まる中、検査を受ける妊婦や、おなかの赤ちゃんに病気や障害があるとわかった妊婦らの支援に取り組んでいるNPO法人がある。「親子の未来を支える会」(千葉市)。オンライン上で検査前後の妊婦らの無料相談を行うほか、赤ちゃんに病気や障害の可能性がわかった妊婦向けの小冊子「おなかの赤ちゃんと家族のために」を作成。今月からホームページ(HP)で公開している。産婦人科医で同法人代表理事の林伸彦さんの話を聞いた。

 日本産科婦人科学会によると、なんらかの異常を持って生まれてくる赤ちゃんは25人に1人とされる。出生前診断を受けたつもりがなくとも、妊婦健診で一般的に行われる超音波検査で病気や障害がわかることもある=表参照=。だが、国内には、おなかの中の赤ちゃんに病気や障害があった時、中立的な立場から妊婦やその家族を支える仕組みが乏しい。そこに問題意識を持ったメンバーが2015年に同法人を設立した。メンバーは医師や看護師、患者会で活動する親、エンジニアなど多職種で構成されている。

残り:1582文字/全文:2039文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る