PR
PR

ゴンドラまた緊急停止 藻岩山 当面、運休に

[PR]

 札幌市の第三セクター・札幌振興公社は7日、藻岩山で運行する「札幌もいわ山ロープウェイ」の下りのゴンドラ(乗員乗客26人)が同日午後0時20分ごろ、緊急停止したと発表した。上りと下りのゴンドラには乗員乗客計27人が乗っていたが、けが人はいなかった。原因は不明で公社は当面、運休することを決めた。

 公社によると、ゴンドラが中腹駅出発から約3分後、異常を検知して緊急停止した。停止後、予備のモーターに切り替えて2台のゴンドラを最寄り駅に移動。乗客は公社のバスでふもとに降りた。公社は停止から約30分後に北海道運輸局、約1時間10分後に札幌市に報告した。

 ロープウェイでは今年8月、緊急停止したゴンドラが鉄塔に衝突し乗客ら7人が負傷。現在は上りの定員を通常の66人から30人に減員して運行している。9月中旬の運行再開後、緊急停止は初めてで、公社は前回の事故との関連も含めて調査する。(袖山香織)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る