PR
PR

【道スポ】武蔵 2年連続2桁ゴール 目標15点へラストスパート

 FW鈴木が2年連続となる2桁得点を記録した。後半23分、MFチャナティップが出したスルーパスに鈴木が反応。ペナルティーエリア内に入ったところで、名古屋DF吉田に押し倒された。吉田はレッドで一発退場。自ら得たPKを誰にも渡さず、ボールを抱え込み、冷静にセット。GKの逆を突き、ゴール右に決めた。

 今季リーグ戦、得点した試合は9戦7勝2分。この約2カ月ぶりのゴールで、今季10得点目となった。「シーズン前に15点と言っていたので残りの試合で取りたい」と、残り4戦で5ゴールを目指す。

 ルヴァン杯では得点王になったものの、決勝ではシュート1本の無得点。「悔しさを糧にみんなでやっていこうと話していた。残りも4勝して、いい順位で終わりたい」。次節以降の得点ラッシュに燃えていた。(中村真大)<道新スポーツ11月3日掲載>

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る