PR
PR

五輪マラソン、札幌開催で決着 小池知事「合意なき決定」

 2020年東京五輪のマラソン・競歩の札幌移転を巡り、国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委員会、東京都、政府の4者のトップ級による協議が1日、東京都内で行われ、暑さ対策を目的に、両種目を札幌市で開催することで決着した。小池百合子都知事は「都として同意はできないが、IOCの決定を妨げることはしない。合意なき決定だ」と述べたが、都には、札幌移転に伴う追加費用の負担を求めないことになった。開幕まで9カ月を切る中、五輪のマラソンが開催都市以外で初めて実施されることになる。

 協議は報道陣に公開され、小池氏のほか、IOCのジョン・コーツ調整委員長、組織委の森喜朗会長、橋本聖子五輪相らが出席。10月31日のIOC調整委で「都は札幌移転で生じる費用を負担しない」「他の競技は移転しない」など4項目について合意したと報告された。

 都が負担しないことになった追加経費について、コーツ氏は「まだ、何も決まっていない。IOCは組織委、札幌市、道庁と協議しないといけない。負担は組織委が考えることだ」と述べた。

残り:356文字/全文:806文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る