PR
PR

ドーコン本社ビルから出火 12時間鎮火せず けが人なし 札幌・厚別区

 29日午前1時15分ごろ、札幌市厚別区厚別中央1の5、建設コンサルタント会社「ドーコン」の本社ビル(鉄筋コンクリート地上10階、地下2階建て)から出火、延べ約2万3千平方メートルのうち、4階や10階などを焼き、午後1時現在、鎮火しておらず、周辺の道路で通行規制が続いている。けが人はいないという。

 札幌厚別署などによると、出火当時ビルにいた警備員2人は避難して無事だった。従業員は退社していたという。警備員の1人が「4階から出火した」と119番した。

 現場はJR新札幌駅から南に約200メートルの商業施設や区役所などが立ち並ぶエリア。消防車両34台が出動し、周囲は一時騒然となった。

 帰宅中に通りかかった札幌市豊平区の会社員松本健冶(けんや)さん(26)は「ビルからの煙と炎が激しくて驚いた」と話した。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る