PR
PR

救援鈴木、V候補に堂々 室蘭シャークス

 室蘭シャークスは初戦で敗退したが、優勝候補筆頭のJFE東日本を最後まで苦しめた。

 試合をつくったのは2点を追う三回に2番手で登板した鈴木だ。プロ野球(ソフトバンク)経験もある28歳右腕は「(先発で2失点して)悔しい思いをした岩崎の分まで何とか投げようと思った」と奮起。直球に大きく曲がるスライダーや落ちるカーブを交え、強力打線を手玉に取った。

 まず三回をぴしゃりと3人で抑えると、裏の攻撃で味方が勢いづいた。飯田の右前打と小林の左越え二塁打で1点差に。打線は四回にも無死三塁の好機をつくった。ここは3者連続三振で同点にはできなかったが、鈴木は気落ちすることもなく無失点投球を続けた。

 「鈴木が持ち味を発揮し、しっかり役割を果たしてくれた。打線もあと一歩。チャンスで1点を取るかどうかの差が相手との差だった」と比嘉監督。鈴木の好投に何とか応えようと、終盤の八回と九回にも得点圏に走者を進めた打線の粘りもたたえた。

 九回に意地の二塁打を放った小屋畑主将は「優勝候補相手に接戦に持ち込めたことは次につながる。悔しさと手応えを胸に出直したい」と前を向いた。(佐藤元彦)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る