PR
PR

赤、黄色づく山々 函館・新中野ダム周辺

 函館市亀田中野町の新中野ダム周辺の山々が、赤や黄色に色づいたカエデやナラ類に覆われている。

 ダムを管理する函館建設管理部事業室事業課によると、20日ごろから一気に紅葉が進んだ。ダムの貯水池にも、鮮やかなコントラストが映り込む。毎年この時期に訪れているという函館市の会社員吉原良治さん(52)は「今年は色づきがよく特にきれいです」と紅葉を写真に収めていた。

 新中野ダムは亀田川上流に位置し、幅248メートル、高さ74.9メートル。同課は、見ごろは今月いっぱいとみている。

 新中野ダム上部の天端(てんば)は午前9時~正午に一般開放している。紅葉の名所として知られるダム下のダム公園の開園時間は平日の午前8時半~午後4時半。(石川崇子、写真も)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る