PR
PR

北海道新幹線40分遅れ、200人に影響 宮城のホームに不審なスーツケース

 25日午前10時40分ごろ、宮城県大崎市の東北新幹線古川駅ホーム上で不審なスーツケース二つが見つかり、JR東日本は、東北新幹線仙台―盛岡間の上下線で、一時運転を見合わせた。古川署が安全を確認し、午前11時半ごろに運転を再開した。JR北海道によると、この影響で北海道新幹線1本が約40分遅れ、約200人に影響が出た。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る