PR
PR

高橋さん(函大妻高)道知事賞輝く ファッションデザイン画コンクール ゾウの姿、エスニックに

 【函館】中高生を対象とした「第28回BUNKAファッションデザイン画コンクール」で、函館大妻高3年の高橋柚葉さん(18)の作品が、応募総数691作品の中から、最優秀賞に次ぐ北海道知事賞に輝いた。高橋さんは「デザインが評価されて、とてもうれしい」と喜んでいる。

 コンクールは、北海道文化服装専門学校(札幌)の主催。中高生を対象に毎年行われ、道内外から作品が寄せられる。今年は、高校生244人の343作品、中学生230人の348作品が集まった。

 パリコレクションなどで活躍するデザイナー田山淳朗さんや札幌の服飾業界関係者ら7人が審査。中高生各1人の最優秀賞は、札幌の中学生と、江別の高校生が受賞した。道知事賞は5年おきに設けられる特別な賞で、応募全作品の中から1作品が選出される。

 高橋さんは、動物のゾウの正面の姿を服に見立てた大胆なデザインを考案。エメラルドグリーンを基調としてオレンジや黄色、青などの色彩を幾何学模様風に組み合わせており、異国情緒があふれている。

残り:282文字/全文:714文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る