PR
PR

松前神楽、伝承の舞 函館・あさひ小 児童ら鑑賞会

 国の重要無形民俗文化財「松前神楽」の鑑賞会が18日、函館市立あさひ小学校(長瀬雅一校長、児童178人)で開かれ、全校児童や保護者が江戸時代から令和まで伝え続けられてきた伝統芸能に触れた。

 檜山や渡島、後志各管内の神職で構成する北海道神社庁二区教化委員会(山口智久委員長)が2016年から開いている授業の一環。これまで長万部、乙部の各町、小樽市で開き、本年度は函館市内のあさひ小と弥生小の2校で行われた。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る