PR
PR

あと1週間、会場は未完成 G20観光相会合 施工会社「21日までに終了」

 【倶知安】後志管内倶知安町で25日に開幕する20カ国・地域(G20)観光担当相会合の会議場が1週間前の18日になっても完成していない。施工企業代表の準大手ゼネコンのフジタ(東京)は22日からの会場設営に向け、21日までに工事を終わらせるとしているが、17日には会議場の建設現場で死亡事故が発生し工事が中断。会議の準備は間に合うのか。地元の不安が高まっている。

 フジタによると、G20観光担当相会合の会場として予定する「パークハイアットニセコHANAZONO」の会議場の建設現場では17日の死亡事故を受け、いったん工事を止めた。ただ、18日午前に工事を再開しており、「工期には影響しない。22日には会場設営ができるようにする」(フジタ広報)としている。

 一方、地元関係者の間からは「会場設営の準備期間はもともと短いので、工事が遅れれば大変だ。本当に間に合うのか」と不安視する声が出ている。

残り:210文字/全文:604文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る