PR
PR

道内初ご当地ナンバー 「苫小牧」「知床」20年5月交付へ

 国土交通省は18日、自動車のナンバープレートに新たな地名や景勝地などの図柄を表示できる「ご当地ナンバー」で、道内初採用となる「苫小牧」「知床」を含む全国17地域のプレートを、2020年5月ごろから交付すると発表した。

 プレートは通常のものと、カラー、モノクロの図柄入りの計3種類。図柄入りは18年10月に交付を始めた41地域に続く第2弾となる。「苫小牧」は同市内の登録車に交付され、白鳥やアイスホッケーのスティックなどが描かれている。「知床」は根室管内羅臼、標津、中標津、別海と、オホーツク管内斜里、清里、小清水の計7町が対象で、ヒグマやシレトコスミレなどで雄大な自然を表現した。

 図柄入りは、モノクロなら通常より6千円程度高い手数料が必要。カラーの場合は、さらに観光振興などに充てる千円以上の寄付金を納める。(福本泰範)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る