PR
PR

札幌で初氷 新冠で氷点下3.8度 道内75地点で今季最低

[PR]

 道内は18日朝、上空の寒気と、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響で、道内の173観測地点のうち、75地点で今季一番の冷え込みとなり、札幌では初氷を観測した。

 札幌管区気象台によると、最低気温は後志管内喜茂別町と日高管内新冠町新和で氷点下3・8度、十勝管内陸別町、釧路管内標茶町、留萌管内天塩町で同3・7度など。札幌は4度だった。札幌の初氷は平年より9日早く、昨年に比べて17日早い。また、釧路市と函館市で初霜を観測した。

 冷え込みは18日で落ち着き、20日以降は9月下旬から10月上旬と高めの気温となる見込み。(高橋澄恵)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る