PR
PR

JRが無人宿泊施設 札幌・琴似に12月 線路沿いにトレーラーハウス

 JR北海道は17日、トレーラーハウスを使った無人宿泊施設を12月18日に札幌市西区のJR琴似駅付近で開業すると発表した。経営環境が厳しい中、所有地を有効活用して収益確保につなげたい考え。

 施設名称は「ジェイアール モバイルイン サッポロ コトニ」。駐車場として使っている線路沿いの土地に木造平屋約30平方メートルのトレーラーハウスを3棟配置する。1棟で最大6人利用できる。従業員は置かず、外部のオペレーターが施設内の無人受け付けカウンターで本人確認などを行う。宿泊料は1棟1泊2万~3万円程度。

残り:173文字/全文:421文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る