PR
PR

花咲線の顔 釧路高専生がデザイン 14日まで特別ヘッドマーク

 【釧路】JR北海道が「単独では維持困難」とする花咲線(釧路―根室間)をPRしようと、同区間で11日、釧路高専(釧路市)の鉄道同好会のデザインによるヘッドマークを付けた普通列車の運行が始まった。14日まで1日1往復する。

 鉄道同好会は8月、根室市で開かれた「全国高校生地方鉄道交流会 鉄輪ピック2019」(実行委主催)で、花咲線の利用促進策を提案し、ヘッドマークの制作権を獲得した。同好会に所属する学生5人が約1カ月かけ、2種類のマークを完成させた。

残り:266文字/全文:491文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る