PR
PR

道内13日大荒れ 台風19号接近 12日の航空便130便欠航

[PR]

 大型で猛烈な台風19号が近づくのに伴い、道内は13日に大荒れの天気となり、太平洋側を中心に海は大しけになる見込み。札幌管区気象台は暴風や高波への警戒を呼び掛けている。

 日本航空は12日に新千歳と羽田などを結ぶ計約80便を欠航することを決めた。全日空も道内空港発着の約50便を欠航する予定。

 荒天のため、太平洋フェリーは11~13日に出航する苫小牧―名古屋間など計7便の欠航を決めた。商船三井フェリーは11~13日に出航する苫小牧―大洗(茨城)間計9便の欠航を決めた。

 気象台によると、13~15日ごろにかけて上空に11月中旬並みの寒気が入り込み、峠を中心に雪が降り、積雪状態となる見込み。暖かい空気に覆われる18日ごろからは気温が高くなる見込みという。(山田一輝、山口美智瑠)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る