PR
PR

北海学園大異臭騒ぎ クマ撃退スプレーか

[PR]

 札幌市豊平区旭町4の北海学園大豊平キャンパスの文化系部室棟(鉄筋コンクリート4階、地下1階建て)で9日夜に起きた異臭騒ぎで、同棟内にいた山岳系サークルの学生が「誤ってクマ撃退スプレーを噴射したかも知れない」と話していることが10日、関係者への取材で分かった。

 札幌豊平署などによると、学生の申し出を受けた大学側が警察に説明した。同署が関連について調べている。

 9日午後6時半ごろ、同大の男性職員から「異臭がして負傷者がいる」と119番があった。札幌豊平署によると、棟内にいた学生5人(男性3人、女性2人)がのどや目の痛みを訴え、病院に搬送され、診察の結果、異常はなかった。当時棟内にいた約100人が避難した。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る