PR
PR

首相、憲法改正の意義強調 衆院、自民主導で論議加速期待

 安倍晋三首相は10日午前の衆院予算委員会で憲法改正に関し「憲法制定からもう70年余りが経過した。時代にそぐわないものを改正すべきではないか」と意義を強調した。「国民的な議論、関心が高まっていくことが大切だ。第1党の自民党が責任を果たすことを期待したい」と語り、自民党主導で改憲論議が加速することに期待感を示した。

 首相は「国民が、国民投票によって憲法をどのように変えるのか、あるいは変えないのかと判断する。そのための議論を行い、発議をする責任が国会議員にはある」と語った。国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の基本理念については「今後揺らぐことはない」とした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る