PR
PR

児童買春や体罰 道教委が4人処分

[PR]

 道教委は9日、17歳の女性にいかがわしい行為をしたとして旭川市の中学校の男性教諭(46)を懲戒免職とするなど4件の懲戒処分を発表した。

 道教委によると、男性教諭は今年4月、旭川市内のホテルで、女性が18歳未満と知りながら現金1万円を渡していかがわしい行為をした。女性の裸の画像をスマホで撮影、保存もし、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕され、罰金刑を受けた。

 このほか、授業中に指導に従わなかったとして小学4年生の男子児童の頬を平手でたたいた北見市の小学校の男性教諭(54)と、私用で自家用車を運転中に法定速度を40キロ超過した檜山管内の特別支援学校の男性実習助手(23)はそれぞれ減給10%1カ月。生徒1人の授業料の徴収を約2年間怠っていた空知管内の高校の男性事務主任(48)は戒告とした。(水野富仁)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る