PR
PR

「ブラックアウトで大量キャンセル」 知床のホテルが北電に初の賠償請求 札幌地裁

[PR]

 昨年9月の胆振東部地震による全域停電(ブラックアウト)で宿泊予約に大量のキャンセルが出たとして、オホーツク管内斜里町の知床第一ホテル(上野三樹男代表)が北海道電力を相手取り、4360万円の損害賠償を求めて提訴した。第1回口頭弁論が9日、札幌地裁(武部知子裁判長)であり、北電側は請求棄却を求めた。北電によると、ブラックアウトを理由に企業から損害賠償を求められた訴訟は初めてという。

 ホテル側の提訴は今年8月。訴状によると、ホテルは自家発電設備を備えており、昨年9月6日のブラックアウト発生時も営業に問題はなかったが、交通機関の停止などで、同30日までに前年同期比12倍の延べ3624人から予約のキャンセルを受けたとしている。

残り:232文字/全文:545文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る