PR
PR

ラグビーW杯 チームソングで応援を 元代表選手考案 札幌PVでも

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表がチームを一つにするため、合宿や試合後などに歌ってきたチームソング「ビクトリーロード」で、日本代表を応援する動きが広がっている。13日のスコットランド戦(午後7時45分キックオフ)に合わせ、札幌市は札幌ドーム(豊平区)で行うパブリックビューイング(PV)で合唱を企画。札幌山の手高出身のリーチ・マイケル主将(31)らに声援を送る。

 ビクトリーロードはアニメ映画「耳をすませば」の主題歌「カントリーロード」の替え歌。

 札幌ドームでは試合前後やハーフタイムで合唱を呼びかける。

残り:233文字/全文:489文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る