PR
PR

酒気帯び運転の陸曹停職

[PR]

 【名寄】陸上自衛隊第2師団(旭川)は8日、無断で欠勤した上、酒気帯び運転をしたとして、第3普通科連隊(名寄)の男性1等陸曹(49)を同日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。1等陸曹は依願退職する意向を示しているという。

 同師団によると、1等陸曹は3月27日に所在不明になった。同日、自家用車で稚内市に行き、車内で缶ビールを10本飲んだ後、苫小牧市に向けて運転を再開。途中の留萌管内初山別村で警察に止められ、呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたため、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検された。7月に罰金刑を受けている。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る