PR
PR

ナキウサギ 冬の食料集め 紅葉深まる大雪山系緑岳

 【上川】上川町の大雪山系緑岳(2020メートル)で、ナキウサギが貯食に追われている。冷涼な気候を好むナキウサギは氷河期の生き残りとも言われ、冬眠せずに秋までに蓄えた食料を糧に冬に耐える。

 山頂直下、登山道脇の岩場では高山植物の葉が赤く色づく中、ナキウサギが岩の隙間から時折姿を現す。餌を探して動き回ったり、あたりを警戒しながら日なたぼっこしたり。行き交う登山客を尻目にマイペースで冬ごもりの準備をしている。

 登山口のある大雪高原山荘への町道が通行止めになる11日午後5時以降は訪れる人も減り、山は来年の夏山シーズンまで再び静けさに包まれる。層雲峡ビジターセンターによると「緑岳が雪に覆われるのは例年10月末ごろ」という。(打田達也、写真も)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る