PR
PR

こだわり味噌 キャラメルに 木古内 農協女性部が新商品

 【木古内】新函館農協木古内支店女性部が、手作りみそを練り込んだ新商品「味噌(みそ)キャラメル」を開発し5日、町内2カ所で発売する。女性部の手作り商品は豆腐、みそに続き3点目。メンバーは「良い味に仕上がった」とうれしそうだ。

 キャラメルは、みそが決め手だ。3年前から作る手作りみそは「こうじ」にこだわる。「木古内町産のコメ『ふっくりんこ』に八雲町産のモチ米をまぜて作っており、コシのあるまろやかな味が出せました」と女性部長の森永尚美さん(62)。大豆も知内町産の地元素材だ。

 味噌キャラメルは、2018年に町内で開かれた女性部恒例の「ふれあいフェスティバル」の料理コンテストで最高賞を受賞した中野支部の「幻のみそキャラメル」が原型。試食した町幹部の「特産品になるのでは」の一声を機に商品化することにした。

残り:250文字/全文:602文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る