PR
PR

知られていない剣淵、どうPR まちづくり団体が調査報告会

 【剣淵】絵本でまちづくりを行う「けんぶち絵本の里を創(つく)ろう会」は札幌・ススキノで9月に行った剣淵の知名度調査の結果を会員に報告した。すすきの交差点を通行する1034人に聞いたところ、「剣淵町を知っている」と答えた人は4割にとどまり、札幌でのPRなど今後の活動が提案された。

 知名度調査は9月6、7の両日行われ、同月24日、町絵本の館で報告した。

 絵本の里を創ろう会の下田秀樹会長(59)は会員21人を前に「剣淵の中の活動だけではだめだと思う。年に1度は札幌でPR活動を行い、5年に1度は知名度調査をしていきたい」と切り出し、事務局が結果を分析して報告した。

残り:176文字/全文:458文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る