PR
PR

シシャモ漁、初水揚げ 初日は昨年比17倍 むかわ

 【むかわ】胆振管内むかわ町で1日、「鵡川ししゃも」のブランドで知られる特産のシシャモ漁が始まった。生きのいい銀りんのシシャモが次々と水揚げされ、浜は活気づいた。

 鵡川漁協所属の23隻が午前6時半に出漁し、沖合5キロまでの海域で操業。昼までに鵡川漁港に戻り、シシャモを素早く選別した。

 同漁協のシシャモ漁は2011年以降、不振が続いたが、ここ数年は回復傾向にあり、昨年の水揚げ量は68・5トン。この日も昨年の初日実績の17倍に当たる2・0トンと好調だった。ただ、豊漁の反動で初日の平均単価は昨年より56%安く、1キロ当たり1998円だった。

残り:115文字/全文:385文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る