PR
PR

折茂が今季限りで選手引退 B1レバンガ北海道

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)レバンガ北海道の折茂武彦選手兼運営会社代表(49)が10月3日開幕の今季限りで選手を引退することが29日、分かった。体力の衰えやチームの世代交代促進が理由とみられる。10月1日に会見を行う。Bリーグの現役最年長選手で、今年1月に日本出身選手初の通算1万得点を達成した。

 埼玉栄高、日本大を経て1993年に実業団のトヨタ自動車(現B1のA東京)に入団。2007年、プロリーグに新規参入したレラカムイ北海道に移籍した。

 11年には経営難でレラカムイが消滅の危機に直面する中、自ら後継チームのレバンガを設立し、バスケ界では前例のない選手兼理事長に就任。スポンサーを募るため練習の合間に道内を駆け回り、自らの貯蓄も切り崩してチームを救った。10月3日開幕の今季のB1で、現役選手として27季目を迎える。

 ポジションは得点源のシューティングガードで、3点シュートを得意とする。デビュー以来、20年近く日本代表としても活躍。17年にはBリーグ理事に就任し、2年の任期を終えて今月26日に退任した。

残り:154文字/全文:617文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る