PR
PR

著作権を主催者側へ変更、9人が21作品取り下げ 室蘭で7月開催「撮りフェス」

[PR]

 7月の写真コンテスト「撮りフェスin室蘭2019」で、主催の実行委が提出作品の著作権の帰属先を参加者から主催者側に変更したことを巡り、参加者9人が作品計21点の提出を取り下げたことが24日、分かった。

 帰属先の変更に対して、参加者から疑問や不満の声が寄せられたため、実行委は20日まで取り下げを受け付けた。今後、実行委のホームページから作品21点を削除する。

 実行委の仲嶋憲一事務局長は「規約変更の事前の説明が足りなかった部分があった。今後に向けて皆さんの意見を聞く場を設け、検討していきたい」と話した。(今関茉莉)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る