PR
PR

ポテチ生産 災害に強く カルビー、産地分散や品種切り替え進める

 菓子製造大手、カルビー(東京)が、自然災害に負けない生産体制の構築を進めている。十勝地方への台風直撃で原料のジャガイモが不足し、2017年春に主力のポテトチップスが品薄となった「ポテチショック」の再発を防ぐためで、ジャガイモ産地の分散化や病気に強い品種への切り替え、担い手不足の農家支援などに力を入れている。

 同社が国内で調達する生ジャガイモは、8割が道内産で、このうち6割が十勝産。16年夏に十勝で台風被害が起きた際には、同年の道内産の収穫量が1割減り、同社は翌17年春、ポテトチップスなど33商品の販売休止や販売終了に追い込まれた。

残り:614文字/全文:883文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る