PR
PR

シャクシャイン慰霊リレー 静内にゴール 延べ300人参加

 【新ひだか】アイヌ民族の英雄シャクシャインが350年前、松前藩と戦った経路を逆にたどる「慰霊のリレー」の一行が23日、ゴール地点である日高管内新ひだか町静内真歌の真歌公園にゴールした。

 渡島管内長万部町と北海道アイヌ協会の共催。ルートは主戦場となった渡島管内長万部町から新ひだか町までの海路20キロを含む約260キロで、延べ約300人が参加した。リレーは7日に長万部を出発。たすきの代わりに、6枚のパッチワークを徒歩と船で運んだ。6枚合計の長さは約31メートルに及び、米国、スイスを含む国内外27市町から寄せられたアイヌ文様の刺しゅう約千点から作られた。

残り:176文字/全文:454文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る