PR
PR

巨大コーンの迷路にドキドキ 中標津

 【中標津】町内俵中の広大な畑を会場に使った「デントコーン巨大迷路 2019」が22日に開かれ、多くの親子連れらが楽しんだ。

 中標津町農協青年部、中標津青年会議所、若手グループ「だるま会」、町商工会青年部でつくる実行委(中林誠司委員長)が主催し、今年で5回目。

 デントコーンの迷路は75メートル四方あり、実行委メンバーが刈り払い機を使って完成させた。牛の餌となるデントコーンは高さが約2・5メートルもあり、参加者は見通しがきかない中で歩き回った。4カ所でスタンプを押す課題をこなしながら、出口を目指した。

残り:129文字/全文:381文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る