PR
PR

不明7人の捜索終了 道東沖漁船転覆 船長の死亡確認

[PR]

 【根室】根室市の納沙布岬の東方沖で大樹漁協(十勝管内大樹町)所属のサンマ棒受け網漁船「第65慶栄丸」(29トン)が転覆した事故で、第1管区海上保安本部(小樽)は21日、船内で心肺停止状態で見つかった船長の敬礼(けいれい)寿広さん(52)=根室市長節=の死亡を確認した。死因は溺死。残る乗組員7人は依然として行方不明だが、1管本部は21日の日没で全ての捜索活動を終了した。

 1管本部は17日の転覆から5日目で捜索を終了したことについて「これ以上続けても生存者が見つかる可能性は低いと判断した」と取材に答えた。

 1管本部などによると、同本部は20日に広尾海保を通じて大樹漁協に捜索終了を打診。大樹漁協が21日夕、同本部に終了の方針を確認した後、行方不明者の家族らの了解を得て同意した。敬礼さんの遺体は21日、北大病院(札幌)での検視後、家族に引き渡された。

 1管本部は慶栄丸の船体を詳しく調べるため、巡視船で根室市の花咲港へえい航する方針だったが、波が高くロープで固定する作業が難航し、捜索終了とともにえい航も断念した。慶栄丸の関係者が今後、サルベージ船でえい航することを検討するとみられる。

 慶栄丸は12日に花咲港を出港し、近海でのサンマの記録的不漁を受け、例年より遠い公海上で操業。帰港途中の17日朝、納沙布岬の東方沖約640キロで連絡が途絶えた。漁業関係者によると、事故前に慶栄丸が積んでいたサンマは約800キロにとどまり、最大積載量の25~30トンを大幅に下回り、波風の影響を受けやすい状況だったとみられる。

 5日間の捜索活動では海保の巡視船延べ17隻と海上自衛隊機を含む航空機延べ20機が投入され、最終日の21日も巡視船2隻、航空機1機で捜索していた。

 1管本部によると行方不明者は次の通り。

 ▽大樹町旭浜、花川慶一さん(58)▽根室市本町5、浜守友則さん(74)▽同市駒場町2、滝川喜代見さん(70)▽同市西和田、木村信一さん(69)▽同市北浜町1、滝川和彦さん(44)▽日高管内新ひだか町静内古川町1、山下浩さん(59)▽十勝管内音更町駒場本通3、佐々木大介さん(43)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る