PR
PR

ビワハヤヒデもたてがみ被害 日高町の牧場 見学受け付け中止に

[PR]

 【日高】日高管内日高町の競走馬の生産牧場「日西(にっせい)牧場」で20日、1993年菊花賞などのGIレースで3勝を挙げたビワハヤヒデ(29歳、牡)のたてがみが何者かに切り取られているのが見つかった。

 同牧場によると、たてがみは幅約10センチにわたり、10センチ以上の長さが切り取られていた。馬にけがはなかった。牧場の厩務(きゅうむ)員が16日に見つけた。15日までは異常はなかったという。

 高山直樹社長は「馬が余生を静かに過ごせるよう大切にしてきた。ファンに公開してきたが、非常に残念」と話した。今後、一切の見学を受け付けない方針という。

 同管内では今月に入り、日高、浦河両町の牧場などで、引退馬計3頭のたてがみが切られる被害が出ている。(川崎博之)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る