PR
PR

道内、23日から24日大荒れの恐れ 台風17号接近

[PR]

 台風17号の影響で、道内は23日から24日にかけ、暴風や大雨など大荒れの天気になる恐れがある。札幌管区気象台は、高波や大雨による土砂災害などに注意を呼び掛けている。

 気象台によると、台風は暴風域を伴って北海道に近づき23日以降、日本海側や太平洋側西部を中心に風が強まる。台風は24日に日本海上で温帯低気圧になり、勢力を維持したまま北海道付近を通過すると予想され、道内全域で暴風になる可能性がある。(五十嵐俊介)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る