PR
PR

地下鉄東豊線、混乱回避へ総力戦 ラグビーW杯 増便や駅員大幅増員で対応

[PR]

 札幌市豊平区の札幌ドームで21、22日に行われるラグビーW杯の試合には計約8万人が来場し、うち4割が海外客とみられる。市は地下鉄の増便や外国語ボランティアの配置で、混乱回避に努める。

 「一度にこれほど多くの外国人が地下鉄で移動するのはおそらく初めて」。市交通局はドームの観客の6割が、最寄りの福住駅がある東豊線を利用するとみる。

 22日はイングランド―トンガ戦(午後7時15分から)とほぼ同じ時間帯に豊平区の北海きたえーるでバレーボール女子W杯日本戦も開催。試合終了後は東豊線の大混雑が予想される。

残り:270文字/全文:520文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る