PR
PR

札幌市、起業拠点都市応募へ 国の支援で先端企業集積

[PR]

 札幌市は、政府が最先端技術を持つ企業の育成や集積を重点支援する「グローバル拠点都市」に名乗りを上げる方針を固めた。拠点都市に指定されると、規制緩和や投資家の招致などで国の支援を受けられる。指定を機に、人工知能(AI)やロボットなどの分野で優れた国際的な起業家の育成や誘致につなげる狙いだ。

 政府は急成長した海外企業が米シリコンバレーなど特定の都市で創業する傾向があることに着目。2020年3月にグローバル拠点都市を2、3カ所選定し、来年度から集中支援して創業しやすい環境を整備する。

 指定を受けた都市は海外から「アクセラレーター」と呼ばれる起業支援の専門家の派遣を受けられる。大学の研究成果を事業化する際に政府系金融機関から出資や融資を受けやすくなるほか、国・自治体の入札で優遇する制度の創設も検討されている。

残り:280文字/全文:636文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る