PR
PR

日ハム新球場車利用4000台 道と北広島市 試合日の集客推計

 プロ野球北海道日本ハムの新球場を核とするボールパーク(BP)への交通量について、道と北広島市は試合開催時に3万5千人を集客した場合の推計をまとめた。自家用車の利用は4千台にのぼり、うち札幌方面からは約3千台。現行の道路だけでは同市内中心部を経由して混雑が懸念される。新設するアクセス道路が全面開通すると、札幌方面からの自家用車は中心部を通らず、直接BPに向かう見通し。

 最大来場者数を1試合3万5千人とし、1万2千人は平均3人が乗る自家用車計4千台で来場するとした。周辺市町村の人口比を基にすると、札幌方面からは北広島市西の里経由の1933台、北広島市大曲経由の1013台の計2946台を想定。恵庭方面536台、江別方面465台、長沼方面53台を見込んだ。現行では大半の車がBP東側の3交差点を通るため、北広島市内中心部で混雑が予想される。

 道と市はアクセス道路2本を整備する。大曲方面とBP西側を結ぶ2・8キロが開通すると、札幌方面から千台以上が通る。道道として整備する予定で、2023年3月のBP開業前の完成を目指す。

残り:170文字/全文:632文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る