PR
PR

フィジー文化など紹介 札幌で21、22日 ラグビーW杯

[PR]

 北海道経済産業局はラグビーワールドカップ日本大会の試合が札幌で行われる21、22日、札幌駅前通地下歩行空間の札幌駅側イベントスペースで、21日にオーストラリアと対戦するフィジー共和国の紹介や、AR(拡張現実)など先端技術を使ったゲームが体験できるイベントを開く。

 江別市に名誉領事館があるなど道内ゆかりのフィジーの文化を紹介。ステージではフィジーの伝統舞踊「メケ」が披露されるほか、現地の観光業者やチョコレート製造業者が自国産業をPRするブースも設ける。

 ARで現実世界に現れた怪獣を火の玉で倒すゲームや、VR(仮想現実)を使った自動車ラリー、小型無人機(ドローン)の操縦体験コーナーもある。いずれも無料で午前10時~午後5時半。22日は午後5時まで。(佐々木馨斗)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る